薬剤師生涯研修認定制度について

1.認定薬剤師とは

 薬剤師が時代に即した職責を果たすためには、日々の業務に習熟することは勿論、更なる資質向上のため自己研鑽に励み、常に継続して自らの能力・適性の維持・向上に努めることが必須です。そのためには、一定以上の基準を満たした研修を受けること、また自己研鑽の成果が評価されることも必要です。
 認定薬剤師は、自らが一定以上の基準を満たした研修を受けた証として取得した認定単位を研修実績として、研修認定機関(プロバイダー)に申請することによって得られる称号です。

2.研修認定機関(プロバイダー)とは

 個々の薬剤師の研修実績に対する評価は、第三者評価機関である「公益社団法人薬剤師認定制度認証機構(CPC)」の厳正な審査を受け認証された研修認定機関(プロバイダー)が行います。令和4年3月1日現在、CPC認証を受けたプロバイダーは以下に示すとおり32機関あります。東京都薬剤師会は令和4年2月に認証番号G26のプロバイダーとして認証されました。
 プロバイダーは、それぞれの規定に基づいて、認定研修と認定薬剤師の審査を行います。東京都薬剤師会では、認定薬剤師の審査にあたっては、他のプロバイダーが付与した単位も、本会が付与した単位も制限なく同等に扱います。

 次表に各プロバイダーの単位の互換性(審査時に認める他のプロバイダーが付与した単位数)を一覧に示しますのでご参照ください。

研修認定機関(プロバイダー)一覧                     令和4年3月1日現在

プロバイダー 制度の名称 単位の互換性
規定単位(うち他プロバイダ-分)
一般領域 (G**) 新規認定 更新認定
G01 日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師制度 40 (20) 30 (15)
G02 東邦大学薬学部 生涯学習認定制度 40 (20) 30 (15)
G03 薬剤師あゆみの会 生涯研修認定制度 40 (20) 30 (15)
G04 慶應義塾大学薬学部 認定薬剤師研修制度 40 (制限なし) 30 (制限なし)
G05 イオン・ハピコム人材総合研修機構 認定薬剤師研修制度 40(制限なし) 30(制限なし)
G06 明治薬科大学 認定薬剤師研修制度 40 (20) 30 (15)
G07 神戸薬科大学 生涯研修認定制度 40 (35) 30 (20)
G08 石川県薬剤師会 認定薬剤師研修制度 40(制限なし) 30(制限なし)
G09 新潟薬科大学 生涯研修認定制度 40 (20) 30 (15)
G10 北海道科学大学 生涯研修認定制度 40 (25) 30 (20)
G11 星薬科大学 認定薬剤師制度 40 (20) 30 (15)
G12 昭薬同窓会・平成塾(昭和薬科大) 認定薬剤師研修制度 40(制限なし) 30(制限なし)
G13 薬学ゼミナール生涯学習センター 生涯研修認定制度 40 (20) 30 (15)
G14 北海道医療大学 認定薬剤師研修制度 40 (25) 30 (20)
G15 埼玉県病院薬剤師会 生涯研修認定制度 40(制限なし) 30(制限なし)
G16 日本女性薬剤師会 認定薬剤師研修制度 40 (20) 30 (15)
G17 日本大学薬学部 生涯教育研修認定制度 40 (20) 30 (15)
G18 薬局共創未来人材育成機構
薬剤師生涯研修センター
研修認定薬剤師制度 40 (20) 30 (15)
G19 昭和大学薬学部 生涯研修認定制度 40 (20) 30 (15)
G20 ソーシャルユニバーシティ
薬剤師生涯学習センター
薬剤師生涯研修認定制度 40 (20) 30 (15)
G21 神奈川県薬剤師会 生涯研修認定制度 40(制限なし) 30(制限なし)
G22 近畿国立病院生涯教育センター KLEC認定薬剤師制度 40 (20) 30 (15)
G23 上田薬剤師会 生涯研修認定制度 40(制限なし) 30(制限なし)
G24 京都薬科大学 生涯研修認定薬剤師制度 40 (20) 30 (15)
G25 日本薬剤師会 JPALS認定薬剤師制度 他単位との
互換なし
他単位との
互換なし
G26 東京都薬剤師会 生涯研修認定制度 40(制限なし) 30(制限なし)
特定領域 (P**) 新規認定 更新認定
P01 NPO法人
医薬品ライフタイムマネジメントセンター
DLM認定薬剤師研修制度 50 (20) 30 (10)
P02 日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定薬剤師制度 50 (20) 30 (10)
P03 日本在宅薬学会 在宅医療支援認定薬剤師制度 40 (15) 35 (10)
P04 日本病院薬剤師会 日病薬病院薬学認定薬剤師制度 50 (10) 100(20)
P05 神戸薬科大学 健康食品領域研修認定薬剤師制度 認定薬剤師が対象 認定薬剤師が対象
P06 日本くすりと糖尿病学会 糖尿病薬物療法認定薬剤師制度 50 (20) 50 (15)